世界で愛されるブランド・喜ばれる竹食器の出産祝いギフト・日本製のFUNFAM(ファンファン)

FUNFAプライム

出産祝いのFUNFAM(ファンファン)へ電話でのご注文
電話番号:03-6453-9500
お問い合わせ窓口 平日9:00~18:00
竹食器の出産祝いギフトを業界最速でのお届け!急な出産祝いでも大丈夫です。
FUNFAM(ファンファン)は海外発送を始めました。
スピード名入れの場合は2日発送(平日10時まで分・土日祝除く)
お名入れありの場合は5日発送(平日10時まで分・土日祝除く)
お名入れなしの場合は当日発送(平日10時まで分・土日祝除く)
FUNFAM(ファンファン)お問い合わせ

トップページ  >  FUNFAMについて  >  ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)

ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々) 絵:あだちまい 編集:だてあさいち

以前、私は国際線でキャビンアテンダントとして働いていました。世界中をとびまわる日々!

ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
そして結婚。夫の実家は東京下町の家具製造メーカー。娘を出産して、航空会社の職からも離れ、いざ育児生活へ。その矢先!顔中湿疹びっしり!
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
うーん、この子は重度のアレルギーですな。こういうのはお母さんの食生活が影響を及ぼすことが多いんですな。なんとっ!わたしの不規則な仕事や生活が影響したのか…まっ、まだどうなるかわかりませんが、離乳食がはじまったら食べ物には気をつけてくださいね!そうよね…様子みながらがんばって~
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
みようかしら~9ヵ月後40度!病院での血液検査を受けることに…結果は…五大アレルギーを含む、多くのもので陽性です!今から絶縁食の指導をしますよ!
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
…卵、乳、そば、小麦、落花生、あと鶏肉、ブタ、牛肉、その他もろもろですね~先生、鶏肉とかの他に食べられる食材ってあるんですか?そうね。うさぎとかワニですかね!さらに追い討ちをかけるように粉ミルクに中国製のメラミンが混入されている事件や…子供用のプラスティック食器に高い基準の発がん性物質が含まれていた事件などのニュースが毎日のように報道されていました。
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
あー!もーっ!
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
私しか、この子は守れない!いーわよ、こうなったら全部、自分で作ったるわ!お皿も!スプーンも!それからたくさんの人に助けられました。(親戚のおじちゃん)やすよちゃーん!竹が良いみたいよ!抗菌性に優れてるし、縁起ものだしさ!竹ですか!竹はね、3年ですくすく育つんだよ!
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
そして、ファンファンを立ち上げました。FUN in the FAMily:親子の絆をテーマにして、仲良く、家族に楽しさや笑いを届けたいという想いからこの名前をつけました!そして、ぴったりと寄り添う親子のパンダのロゴは、友人のドイツ人デザイナー・リンデさんが、私と娘の仲睦まじい姿にインスピレーションを受けてデザインしたものなのです!
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
最初は、何もわからなくて、手探りの日々でした。とにかくやってみる!はんだごてで焼き印入れ。あつい!ていうか痛い!
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
きっと、こどもの食に関する悩みを抱いたママたちが沢山いる。母は、頑張るよ…運命の出会いその1:伊勢丹 ファンファンのいちばん最初のお客様。そうです、あの伊勢丹からはじまったのです!この商品おもしろいね、「飾ってあげよう」と言ってくれました。
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
「販売」のではなく、「飾る」ということなのです。でも、あのファッションの伊勢丹に置いてもらえた!やっとファンファンが下町の薄暗い工場から世の中にデビューすることになったのです!そして、一歩前に進みます。
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
運命の出会いその2:リッツカールトン超一流ホテル・リッツカールトンTOKYO 当時の責任者である「リコ・ブランク」氏 これからの時代は天然素材の食器がとても大切なものになる!本の出版記念かにもぐりこんで、リコブランクに!彼ならきっと…ちょっとすみません。わかってくれるはず!YASUYOと申します!竹食器を作っています!商品を見てください!明日?いま見てください!わっ、明日だったら空いてますよ。
ファンファン YASUYOものがたり(竹と皿の日々)
ふーむ。なるほど、ジャパンメイドの職人ワザね。面白いね。自分に子供が2人いるよ。子供たちが気に入ったら、ホテルでも使ってみよう。ありがとうございます!そして、リッツカールトンでも採用され、竹食器がブランドになったのです。ファンファンは、そんな「母の思いから」始まったのです!そして、現在、ミールソリューションというカタチで、同じようなアレルギーの子供を持つママに対して、離乳食レシピ開発や離乳食スクールなど、新たなビジネスへの挑戦を続けています!